2010年06月01日

首相、究極の“二枚舌” 「辺野古」明記せず 普天間移設政府方針(産経新聞)

 政府が28日の閣議決定を目指す米軍普天間飛行場移設問題に関する政府方針に「名護市辺野古」と明記しない方針を決めたことは、鳩山政権のその場しのぎで無責任な体質を象徴している。鳩山由紀夫首相にかかるとすべてが玉虫色となる。配慮を示した相手である社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相からも「二枚舌」と批判されても仕方あるまい。

 26日夜、首相官邸3階のエントランスホール。公邸に帰宅途中の首相はいきなり記者団に歩み寄り、2枚の写真を誇示してみせた。昨年11月のオバマ米大統領訪日の際に写した首相、幸夫人それぞれの大統領とのツーショット。これが米国から送られてきたことがよほどうれしかったようだ。

 ≪重み感じぬ言葉≫

 わずか一時間半前。首相は、閣議にかける政府方針について厳しい表情でこう表明した。

 「私が申し上げた方針は変わることはない」

 政権は存亡の瀬戸際にあるが、首相の自覚は乏しい。というより、首相が何を言おうともはや誰もその言葉に重みを感じない。

 26日午後には、首相は官邸で喜納昌吉参院議員ら沖縄選出の民主党所属議員と懇談した。喜納氏は記者団にこう語った。

 「首相と話した中では、首相は県外、国外はあきらめていない感じがする」

 会った相手につい調子を合わせてしまう。そんな首相の本心がどこにあるにしろ、政府方針から移設先を外すやり方はいただけない。国民の生命・財産に直結する安全保障問題であっても、当座さえしのげばよいとの思惑が丸見えではないか。「二重基準で、国民の理解は全く得られない」との福島氏の反発は至極もっともだろう。

 ≪議論避けたツケ≫

 鳩山政権は出発点から安全保障問題を軽視し、本質的議論を避けてきた。民主、社民、国民新3党の連立合意には「在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」とあるだけ。どう解釈するかは各党任せにしてきた。

 そのツケがいま回ってきているわけだが、首相は「昨年中」とした普天間問題の決着を「3月いっぱい」と言い換え、できないとなると「別に法律で決まっているわけじゃない」と言い逃れた。「命がけ」で「職を賭し」て臨む「国民との約束」だとした5月末決着も「達成できなかった」(岡田克也外相)にもかかわらず、依然、政権の座に居座ったままだ。

 国民も米国も社民党も口先で欺き、玉虫色決着の連発でごまかそうとしても、その手口はもう見透かされている。(阿比留瑠比)

「マイレージ」で高齢者の協働・互助を促進−北海道森町(医療介護CBニュース)
橋下知事が期限付き「維新の会」入党呼びかけ(産経新聞)
内閣不信任案、28日以降に判断=自民・大島氏(時事通信)
二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
サッカー日本代表も七転び八起き!?(産経新聞)
posted by キタザワ トオリ at 09:10| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

<ベストマザー賞>“仕分け人”蓮舫が受賞「もらっていいの?」(毎日新聞)

 5月9日の母の日を前にして「ベストマザー賞」の発表が6日、都内であり、参議院議員の蓮舫さん(42)ら5人の母親が選ばれた。政府の事業仕分けで脚光を浴びている蓮舫さんは「家庭より仕事を優先することも多いが、子どもは立派に育ってくれた」と語った。

 ベストマザー賞はNPO日本マザーズ協会が主催。3回目の今年は、蓮舫さんのほか、俳優の江角マキコさん(43)、歌手の森高千里さん(41)、フリーアナウンサーの久保純子さん(38)、スポーツコメンテーターの小谷実可子さん(43)が選ばれた。蓮舫さんは「仕分けの印象が強い自分が、ベストマザー賞をもらっていいのかとも思う」と戸惑いを見せながらも「すべての母と父の活躍を推進するようやっていきたい」と、政府・与党の一員としての抱負も語った。

 ベストマザー賞のほか、子育て支援や男性の育児休暇取得促進をテーマにした企業・自治体・NPO賞を選考。自治体の長として初めて育児休暇を取得した成沢広修・文京区長と、日立製作所が選ばれた。【江刺弘子】

【関連ニュース】
【言葉鋭く】事業仕分け:蓮舫議員「もともと節約できたのでは」
【写真特集】蓮舫参院議員:「これだけは仕分けられない…」 台湾映画「海角7号」日本公開
【写真特集】森高千里:久々の登場に「緊張」笑顔で子育てを語る
森高千里:白髪もOK!ヘアカラーCMに CM曲「ララサンシャイン」は再発売へ
江角マキコ:子供服を初プロデュース

移設あくまで国外・県外…社民、連立離脱論も(読売新聞)
黒澤記念館を断念 財団、伊万里市に「資金難」 スピルバーグ氏ら理事解任(産経新聞)
<義父殺害容疑>無職45歳男を逮捕 千葉・柏(毎日新聞)
電気自動車など 電子音を出す車の体験会を開催 東京(毎日新聞)
トキ 卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
posted by キタザワ トオリ at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。